グランクリュのご案内

(喫茶 ¥450-)

豆販売はこちら

 

 

 

キアンジルというのは、ケニア山麓南部、標高1600m~1800mに位置するキリニャガ地域にある、コーヒー精製工場の名前です。

 

この地域は、ケニア山からの火山灰土壌が積もり、コーヒー生産に適した肥沃な農地が広がっています。その為、高品質のコーヒーの産地として世界的にも人気です。

 

 

 

今回のコーヒーの特徴は、滑らかな質感にあります。言葉で表すと、なかなか伝わりにくいのですが、これこそケニアのコーヒーの特徴である、生き生きとした酸味の要素だとお考えいただけたらよいのですが。

 

(さらに分かりづらいですか・・・・?)

 

 

 

工房からの資料によると、

 

「カシスやレーズンなどの黒果実系の味わいに、ジューシーな甘味とラズベリーの様な酸、冷めるとよりクリーミーさが際立つ仕上がりです。」とあります。

 

 

 

さて、あなたの評価は。この機会に、是非お試しください。


 

「グラン・クリュ」とは聞きなれない言葉だと思います。

実はワイン用語で、フランスワインの産地における、畑の格付けのことで、特級農園などと訳されます。

 

近年、コーヒー業界においても、スペシャリティーコーヒーという考え方が進み、 単一農園のコーヒー豆を味わう機会が増えてきました。

そこで当店においても、数量限定で特級農園のコーヒー豆をご紹介していく事とします。
名づけて、「グラン・クリュ」