季節のブレンドのご紹介

(喫茶 ¥500-)

豆販売はこちら

(186th)3.4月限定コーヒー

 

 

 

186th季節のブレンド

 

芳草ブレンド

 

 

 芳草(ほうそう)とは、良い香りのする草。または春の草の意味。

歳時記によると、「春の草」の子季語に当たります。

 

 今回ベースにするのは、ガテマラコーヒー。その中でもウエウエテナンゴ地区の豆を中心にブレンドしました。この国には8つの有名なコーヒー産地があり、それらの産地の中でも一番標高の高い地区に位置します。コーヒー栽培地域は起伏が激しく、2000m近い標高があります。しかし、メキシコの平原から吹き付ける乾燥した風のおかげで、霜害から守られています。寒暖の差ができる高い標高と肥沃な台地は、まさにコーヒーの栽培に適しています。

 

味の特徴を一言でいえば、コクとマイルドな酸味のコーヒーです。

まるでカカオ成分の多い、ビターチョコレートを食べた後のように、口の中にしっかりとコーヒーがしばらく残ります。

先ずは、ブラックでお楽しみいただくことをお勧めいたします。

 

裏技的な楽しみ方にもなるのですが、冷めたコーヒーも美味しいです。最後は少し残して、冷たくなったコーヒーを楽しまれることも一興かと。でも忘れて飲んでしまうのが常。そんな時はもう一杯ご注文を。

 

期間限定です。お飲み逃しなく。

 

 

 

季節のブレンドとは

 

 コーヒーは熱帯の植物です。当然季節の変化は、ほとんどはありません。しかし私たちが暮らす日本には四季があります。四季のないところで栽培されたコーヒーに、四季のある日本で身近に感じていただき、より楽しんでいただけたらとの思いから、1991年より四季折々のブレンドを2ケ月限定で提供しております。