季節のブレンドのご紹介

(喫茶 ¥550-)

豆販売はこちら

(204th) 月4月限定

 「浅春」とは立春を過ぎたのに、まだ春めいていない感じをいいます。初春の季語。

 

温かい春が、待ち遠しい季節になりました。そんな時に飲みたいコーヒーをイメージして、ブレンドしました。

ベースにしたのは、コロンビア。そう、マイルドコーヒーの代表格。コロンビアは、太平洋とカリブ海に面する美しい国です。またコーヒー産業は、農業関連GDPの17%を占め、56万世帯以上の生産者と約300万人の人々が、日々の収入をコーヒー産業から得ています。朝と夜の温度差が激しいことで、コーヒーの糖分の生成を促します。この糖度こそが、コロンビアコーヒーの特徴である、酸味と甘みのもとになります。また火山灰を多く含む土壌であるため、根を伸ばしやすく、保湿力にも優れ、乾季でもコーヒーに必要な栄養素を与えることができます。さらに硫黄を多く含んでいので、香りが際立つようになるのです。

 

味の特徴ですが、さわやかな酸味と甘みのソフトなコーヒー。

 

新生活が始まる時期。ストレスが高まる時期でもありますが、そんな時こそリラックスタイムを。是非、浅春ブレンドをお供に。

 

 


豆 200g ¥1,728(税込) 購入する

ドリップバッグ 1杯用 ¥184(税込) 購入する


季節のブレンドとは

 

 コーヒーは熱帯の植物です。当然季節の変化は、ほとんどはありません。しかし私たちが暮らす日本には四季があります。四季のないところで栽培されたコーヒーに、四季のある日本で身近に感じていただき、より楽しんでいただけたらとの思いから、1991年より四季折々のブレンドを2ケ月限定で提供しております。