季節のブレンドのご紹介

(喫茶 ¥500-)

豆販売はこちら

(184th)11.12月限定コーヒー

 

  

読んで字のごとく、冬の泉のことですが、夏の泉にはない独特の寂しさがあり、冴え冴えとしたものが感じられます。

そこで今回は、そんな雰囲気をイメージしてブレンドしました。

 

ベースにしたのは、タンザニアのエーデルワイス農園の豆。

エーデルワイスって、アルプスやヒマラヤ山脈に生えている高山植物ですよね。では、この名前がなぜついたのか、そもそもこの農園の持ち主はドイツ人でした。そして時代とともに、イギリス政府が、そして今はアメリカの多国籍企業が経営をしています。

ところで皆さんは、コーヒーの花をご覧になったことはありますか?コーヒーの花は、真っ白な可憐な花です。そして、エーデルワイスの花も、曲の歌詞にもあるように、真っ白な花です。ここからは、あくまでも私の想像ですが、満開のコーヒーの花を、初めてみたドイツ人コーヒー経営者が、エーデルワイスを思いだし名付けたのではないでしょうか。そう、エーデルワイスの花言葉は「大切な思い出」

エーデルワイス農園は、タンザニアでも最も高い標高に位置し1600mから1850m。土壌は赤土で、非常に肥沃な上に、年間降水量はおよそ900mmと豊富でコーヒーの栽培には最も適しています。また、同農園内には灌漑設備も備えており、優れた栽培技術と品質管理が行われています。

 

味の特徴ですが、優れた柔らかな酸味。コクもあり口に含んだ時にミルキーさも感じます。後味にほのかな苦みが残ります。

 

 

季節のブレンドとは

 

 コーヒーは熱帯の植物です。当然季節の変化は、ほとんどはありません。しかし私たちが暮らす日本には四季があります。四季のないところで栽培されたコーヒーに、四季のある日本で身近に感じていただき、より楽しんでいただけたらとの思いから、1991年より四季折々のブレンドを2ケ月限定で提供しております。